Fade to grey

特集記事
最新記事

GRとかけてローファーと解きます

ペンタックスKPのコンセプトはとても好きです。 最新テクノロジーが関わる人類の進化のなかで、大きくなることを喜んで受け入れているものって、テレビとスマフォぐらいだと思うから。 シンプルでコンパクトなことには意味がある。 もしまだこの時代に一眼レフに意味があるとしたら、ファインダーの美しさは必須条件で、その点もクリアしています。 ただ、KPの良さを最大限に引き出してやるためのレンズが存在しないことが、このカメラの魅力をわかりづらくしているかも・・・という点がやや残念。 とにかく小さく、できれば明るく、近接に強い単焦点がいいと思います。 リコーGRとかけて、ローファーと解きます。 その心は、怠け者であることを讃えてくれる最初で最後の存在だから。 ちなみにローファー=怠け者という意味です。靴べらがいらないくらい気軽に履けて、デニムでもスーツでも合わせることができるって、すごい。 GR開発時代を知るリコーの社員さんに話を伺ったとき、「基本システムをシンプルにできたことが大きかった」と言っていました。 メニューのシンプルさ、カスタムの便利さ、フォントも含めたインターフェイスの美しさ、いずれもデジタルの一つの到達点だと思っています。 それが製品化できた理由が知りたくて尋ねてみたら、まずは基本システムがシンプルで強固だったことと、自社が持っている技術をふんだんに注げたことと、それが可能な環境があったことを挙げてくれました。 ぼくは開発段階に関わりがなかったので内情をよく知りませんが、エンジニアと商品企画との関係が密接だったのか、試作機を扱う写真家の意見を上手にフィードバックしたおかげか、カメ

♪縦の糸はカメラ、横の糸はシューズ

実は初夏から朝ランをはじめました。 ふと思い立って走り出したとき、400mくらいでゼイゼイ息が切れて立ち止まっちゃったけれど、いまは8kmを45分くらいで週に5日のペース。自慢できるほどじゃないけど、当初からすれば悪くないです。 最初は、何を着ていいか、どの靴を履けばいいかもわからないから、長袖Tシャツ、スウェットパンツ、ニューバランス1300(持ってるスニーカーでいちばん疲れない)という格好で、フォームもよくわからないのでどこかで聞いた知識で「吸う吸う、吐く吐く」のリズムと、手を振ることだけ考えて、スタートしました。 ボストンに撮影に行ったときも、ほぼ毎朝ランニングしていて、ニューバランスの本社前とかを通るとき「おお!」と感激しました。村上春樹さんも”ランニングに最高の街はボストン”だとエッセイに書いていたはず。 朝ランを日課にしている人たちの気持ちや、旅にランニングシューズを持っていって、走ることで街と深く触れ合う楽しさを伝える人たちの気持ちは、いまではよくわかります。 すごく嬉しかったのは、自分が初心者の立場で、何かを始めようとしたとき、どんなことで困って、どうそれを乗り越えようとするか、身をもって体験できたこと。 写真について教えることもあるため、初心者の気持ちがわかるってすごく大切なことです。 ぼくは靴を選ぶとき慎重になりました。カメラという機材との出会いが、その趣味との付き合いを決定的にすることがあるのを知っているから。 カメラなら、もしかすると出会いが悪くても、後で良い講師や仲間のおかげでリセットできるかもしれない。でも靴の場合は故障につながります。 下半身の強

存在の耐えきれない重さ

シグマの季刊広報誌「SEIN」は、特別号で「Life with Photography」と題され、写真集を特集していました。ぼくも見たことがないのだけれど、シグマは会社として800タイトルもの写真集の蔵書を所有しているそうで、それが中心となっています。 キュレーターによる「写真集が語る歴史、写真集が教える喜び」という対談や、愛をテーマにした著名人たちが選んだ写真集、など盛り沢山な内容。 *都内ショールームの開設が予定されていて、そこで閲覧できるようになるらしいです。 音楽ファンでギターも弾けるのにレコード(やCD)をひとつも持っていないという人は想像できないけれど、カメラが趣味でレンズを何本も持っているのに写真集は持っていないという人は現実的に存在すると思います。 写真を中心とした世界と、カメラを中心とした世界は、よく似ていて、一部では重なっているけれど、ねじれた位置にパラレルに存在する別世界だから。 個人的に、キュレーターの役割は、こっち側にいながら、あっち側までの距離を見定めて、そこに橋を架けるような作業だと考えています。その人たちなら、このふたつの世界に橋を架けるのは難しくても、扉のようなものをいくつか作ることはできるのではないかと期待しています。 シグマみたいな企業が、こういった活動をして、こういった本を作ることは素晴らしいと感心したけれど、読んでいるうちにワクワクしてきて、「よし、オレも写真集を買おう」と前のめりになる感じがしなかったのが、やや残念でした。 気づいたら密林でポチッと・・・的な。初めて買った写真集はそれぞれだけれど、そのきっかけは「SEIN」だった、なん

アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

©1994~ Yukio Uchida