Fade to grey

特集記事
最新記事

Radioheadが教えてくれた

1981年から洋楽を聴くようになって、ほぼブランクはないから、35年ぐらいになります。 前の世代と比較するのは難しいけれど、僕の世代は80年代の"ブリティッシュインベイジョン"や、MTVなど音楽ファン全体を巻き込んだ洋楽ブームがあったりして、周囲に洋楽ファンはすごく多かったです。 中学校はクラス9人しかいなかったのに、その仲間からTOTOの「ハイドラ」勧めてもらったり、高校のときに「やっぱピンク・フロイド聴かなきゃ」とレコードを貸してもらったり、素敵なおせっかい(*Pink Floydの名盤タイトル)をたくさん受けてきました。 今より情報は圧倒的に少なかったはずが、どんなふうにしてNew OrderやXTCと出会えたのか、いま考えると不思議。 高校を卒業すると、そんな仲間たちのなかには、もう積極的に音楽を聴かなくなったという人が増え、たまにラジオを流しているとか、職場でカラオケで歌うためにレンタルレコード店でベスト10のシングルだけ借りてMDにダビングしてカーステレオで聴いているとか。 好きな曲を集めたカセットテープを彼女にプレゼントする、みたいなハートカクテル的美学も過去のものに。隆盛を極めたFM雑誌やラジオ番組も衰退していきます。プレ・デジタル時代。 這いずり回る虫けらの最後の生き残りみたいな洋楽ファンは、とんでもなくマニアックになっちゃって「10ccはI'm not in loveだけはどうも好きになれない」とか言ってたりして。 気軽に洋楽の話ができる仲間は極端に減ってしまいました。 そうなると過去の名盤を聴きまくるか、オーディオを極めるほうにシフトするか、ひとつのジャン

アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

©1994~ Yukio Uchida