Fade to grey

特集記事
最新記事

19

朝のラジオに上原浩治がゲストで登場して、引退までの心境や野球人生を振り返って話していました。日本に帰ってきて、野球のレベルが上がっていて驚いたとか。 トレーニングの専門家がいたり、YouTubeなどで情報が見られたりするから、速い球を投げる、遠くへ飛ばす、といった力が格段に向上していたと。 とくに丸選手には二打数二安打二ホームラン。 それを聞いて、小早川にサヨナラホームランを打たれて引退を決意したとされる江川のこと思い出しました。 江川はもう肩の調子が悪くなってきていて、でもその日は全力で押さえ込んでみせるっていうパワーピッチングをして、自分のいちばんいいボールをインハイに投げたのに、それをホームランされた、ということになっています。 本心なのか、小早川もよくわからないと答えているのを見たことがあります。 江川はあまり本当のことを話さない、というか、あまりに異次元すぎて事実とは思えないことを、さらっと言うから。 オールスターで9連続三振が取れそうだったとき、ストレートを投げれば三振が取れるってわかっていたけれど、パスボールで一塁に出れば記録上は三振だから、10連続三振が取れるかもってよぎったせいで、大石にカーブを投げてしまったとか。 普通はピッチャーはフライを取らずにマウンドを降りて野手に譲るんだけれど、優勝を決める瞬間にピッチャーフライを打たせるボールを投げて、オーライって叫んで野手を退かせて自分でキャッチしたとか。 プロ同士のレベルでそんなことできる? 異次元すぎる。 小早川も広島だし、丸も広島。 でも丸は子どもの頃ジャイアンツの大ファンだったんですよね。巨人のレジェンド

アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

©1994~ Yukio Uchida