©1994~ Yukio Uchida

November 20, 2019

October 28, 2019

June 12, 2019

November 14, 2018

Please reload

最新記事

マグナムを語る、ふたたび

April 26, 2018

1/1
Please reload

特集記事

19

June 12, 2019

朝のラジオに上原浩治がゲストで登場して、引退までの心境や野球人生を振り返って話していました。日本に帰ってきて、野球のレベルが上がっていて驚いたとか。

トレーニングの専門家がいたり、YouTubeなどで情報が見られたりするから、速い球を投げる、遠くへ飛ばす、といった力が格段に向上していたと。

とくに丸選手には二打数二安打二ホームラン。

 

それを聞いて、小早川にサヨナラホームランを打たれて引退を決意したとされる江川のこと思い出しました。

江川はもう肩の調子が悪くなってきていて、でもその日は全力で押さえ込んでみせるっていうパワーピッチングをして、自分のいちばんいいボールをインハイに投げたのに、それをホームランされた、ということになっています。
本心なのか、小早川もよくわからないと答えているのを見たことがあります。
 

江川はあまり本当のことを話さない、というか、あまりに異次元すぎて事実とは思えないことを、さらっと言うから。

オールスターで9連続三振が取れそうだったとき、ストレートを投げれば三振が取れるってわかっていたけれど、パスボールで一塁に出れば記録上は三振だから、10連続三振が取れるかもってよぎったせいで、大石にカーブを投げてしまったとか。

普通はピッチャーはフライを取らずにマウンドを降りて野手に譲るんだけれど、優勝を決める瞬間にピッチャーフライを打たせるボールを投げて、オーライって叫んで野手を退かせて自分でキャッチしたとか。

プロ同士のレベルでそんなことできる? 異次元すぎる。

小早川も広島だし、丸も広島。

でも丸は子どもの頃ジャイアンツの大ファンだったんですよね。巨人のレジェンド的存在の上原と対決して、ホームラン2発も打つってどんな心境だったのかな。


上原が、今後の人生について、もし野球に関われて指導者になるとしたら、アマチュアか二軍がいいと言っていました。一軍の選手はみんなプロなんだから教えることなんてないから、もう他の人が口出しする必要はないでしょう。

アマチュアに何をまず教えたいかって聞かれて、「野球は楽しいってこと」と即答していました。思いっきり投げて、思いっきり打てばいいんだよって。
楽しければ上手くなりたいと思うはずだからと。

敬遠させられて、全力投球でボール球を投げて涙を浮かべて土を蹴っていた上原みたいな投手が、彼の指導で才能を開花させるの見てみたいです。

「これからの自分がどうなっていくかはわかりませんが、野球を見ながら『そう言えば上原って投手がいてね』みたいに思い出してもらえたら嬉しい」と締めくくっていました。
ノーアウトなのに先頭バッターを警戒しすぎて四球で歩かせる投手を見るたび、上原だったらな、と思います。

大人になりきれていない、永遠の野球少年、みたいな意味で、19というのは上原らしい番号ですね。誰が継ぐのかな。



 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索